一人暮らしの風水インテリアで気を付けること…

少し一人暮らしの風水インテリアについて、ご紹介しますね。

まず、

一人暮らしのワンルームや1Kの部屋で重要なのが間取りづくりです。


できるだけ、気や流れの良い間取り作りを心がけること…
これは重要です。

例えば、一般的な間取りの6畳ワンルームを例に考えます。

一人暮らしで部屋探しをして行く上で、やっぱり一番気になるのが家賃。
生活していく上で、家賃を支払うための資金、経済力に限度がありますよね。
予算が厳しい場合は、狭かったり古かったりの部屋しか見つからないかもしれません。
せっかくの1人暮らし…
がっかりしてしまうかもしれません。
でも、インテリア工夫しだいで幸せな一人暮らしができます。

まず、狭い1ルームの部屋を広く使う方法です。
ポイントは部屋の中心にある家具をなくすこと。

例えば、
テーブルを折りたたみのものにしたり、ベッドではなく布団にしたりすることです。
形が変えられるもの、形が変えられるインテリアにすることです。
こんな些細な工夫で、狭い部屋では時間帯によって部屋を広く有効に利用することができます。

どうしても布団は面倒なら、ソファーベッドが役に立ちます。
これはベッドと椅子を兼用してしまう優れものです。

ただ、ソファーベッドでの注意点は、このソファーベッドが狭い部屋の中で一番のアピールポイントになってしまうことです。
ですから、部屋の模様替え、その他の家具のコーディネートなどは、すべてソファーベッドのインテリアを損ねないように調整していくことをオススメします。