一人暮らしの部屋をレイアウトすることがインテリアのはじまり…

一人暮らしのインテリアを考える際、特に注意したいことがあります。
それはお部屋のレイアウトをまず作ることです。
レイアウトを作ることは一人暮らしのインテリアを考える上で本当の基本です。
どういうモノをどういう具合に「配置」するか…
そういうレイアウトのことです。

お部屋のレイアウトと言っても、一人暮らしのお部屋の間取りって決まってますよね。
1K、1DK、2DK…
ドアや窓の位置、お部屋の広さ…
そういった基本的な部屋の間取りはすでに決まっているんです。

では、レイアウトをどうやって考えればいいのでしょうか…
それは一人暮らしのインテリアで大切なアイテムのことです。
つまり家具や家電製品のレイアウトを考えればいいんです。

レイアウトって、お部屋を探す段階から考えてもどうもうまくいかない…
そんな経験ありませんか?
レイアウトというのは、頭の中で考えてみてもうまくいきません。
だから、インテリアで重要な家具の大きさや、コンセントやTV線など設備関係…
まずはそういうものを頭の中で配置レイアウトしていけばいいのです。

実はレイアウトを考える作業って、部屋探しのときから始まっています。
ですから一人暮らしのインテリアを考える最初の入り口は、部屋をよ~く観察し、大まかなレイアウトを想像しながら部屋探しをする…
そういうやり方がおすすめなんです。