インテリア家具を見た目だけでよくするそのテクニックとは…

お部屋のインテリアをする前に、よく考えておかなきゃいけないレイアウトのこと…
そのレイアウトのポイントを少しご紹介しますね。

お部屋のレイアウトをする上で最も重視したいのは、「使いやすさ」と「見た目」です。
「使いやすさ」は、その人それぞれの生活スタイルによって違います。
でも、部屋の「見た目」については、少しの工夫で全然違った印象を与えます。
そこで、見た目を良くする技術やテクニックのこと…

一人暮らしのインテリアを見た目だけでよくするそのポイントとは何か紹介しますね。

まず、インテリア家具配置のテクニックです。
「遠近法」という言葉を聞いたかとがありますか?
手前に背の高い家具を置き、遠くに低い家具を置く…
絵画のテクニックと同じ方法なのです。
近くのものを大きく・遠くのものを小さく…
そうすることで、空間的に距離間を感じさせる技術のことです。

遠近法を使って、手前に背の高い家具・奥に背の低い家具を置きます。
するとどうなるか…
遠近感が際立って部屋が広く見えるようになりますよ。
本当にびっくりすると思います。
部屋のドア側の壁、つまりドアから死角になるところに背の高い家具を置いたりすることも一つの方法です。

もう一つ、インテリア家具の配置方法で得するレイアウトがあります。
それは家具の奥行きをそろえることです。
そうすると部屋がすっきりとして見えます。
スペースが空いている床があると、少しでも広くとりたい…
そう思うかもしれません。
でも、少しのスペースだけだと、使われ方は限られてしまうもの…
ですから、インテリア家具を凸凹と配置するよりも、隙間をなくして高さをそろえるのです。
インテリア家具の高さは直線でそろっていた方が、視覚的にとってもスッキリと感じることができますから…
また、同じ奥行きの家具を買わなくても、家具の手前のラインを合わせるだけでOK!。

インテリア家具の配置には、見た目を重視した少しの工夫で印象度がグンとアップします。